【FXブログ】ラインブレイク、私の5種類の方法!

FXの学び

 

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。

 

 

今日は今のところノートレードです。

クロス円のlong方向で待っていたのですが、現在は下がっています。

GBP/AUDとEUR/AUDのshortも同時に見ていました。

EUR/AUDがエントリーポイントに来ましたが時間的にまだ動かないと

思って見送りました。東京時間15:00すぎでした。

EUR/AUD 15分足です。

結果的にエントリーしていれば下がっていましたが、大した利益にはなっていないようです。

時間的な問題以外にもう1つエントリーしなかった理由は、切り下げラインをブレイクした後に

直近の安値が近すぎるという点です。

直近の安値で反発する可能性もあります、見てのとおり1度反応して陽線が2本立ちました。

 

今日はノートレードですので、1時間足ラインブレイクを15分足でどうなったらエントリー出来るか?

私が行っている5種類を模式図で解説します。

 

 

 

 

 

 

 

ラインブレイクA

1時間足のラインを抜けた瞬間にエントリーする

所謂、飛び乗りです。

リスクはありますが、大きく伸びた場合は利益は多くなります。

どういう時に飛び乗りが出来るかは、レンジブレイクの時にお伝えしています。

まだ見ていない方はチェックしましょう。

【FXブログ】FXトレードでのブレイクアウトの基本「レンジブレイク」
いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。 今までFX初心者やまだ勝てていないトレーダーにはブレイクアウトをお勧めしていました。 チャート上で「塊」を見つけられる事が出来ればそこ...

 

 

 

 

ラインブレイクB

1時間足ラインを15分ローソク足が実体で抜けています。

その実体で抜けたローソク足の安値を抜いた瞬間にエントリーします。

以前にもお伝えしていますが、トリガーですね。

トリガーの説明も先日していますのでチェックして下さい。

【FXブログ】エントリーの瞬間、何を基準にするか【トリガー】
いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。 皆さんは、エントリーする際のきっかけや基準のようなものは持っていますか? 例えば押し目買いの場合に予め想定した下げ止まりラインで陰線が...

 

 

 

 

 

 

ラインブレイクC

1度実体で1時間足のラインをブレイクしたが、陰線がでてライン際まで戻った後

再度陰線が出始めたところでエントリーします。

これの条件は、陽線が1時間ラインを越えていない事です。

この確認が取れればshortでエントリー出来ます。

 

 

 

ラインブレイクD

ラインブレイクCも、ラインブレイクDも1度ラインをブレイクした後で

戻っているのが共通点です。

ラインブレイクDは戻りが入りましたが、ラインで綺麗に止まっていますので

再度陰線が出てトリガーを越えたらエントリーします。

 

 

 

 

 

 

ラインブレイクE

これはちょっと微妙なのですが

1時間ラインを抜けたか抜けていないかの場合、

次のローソク足がラインを実体が全て抜けて確定するのを待って

その足をトリガーにしてエントリーします。

 

 

 

 

もっと細かく言えば何種類かはあると思いますが

だいたい5種類で大丈夫です。

今回のラインブレイクと以前お伝えしたレンジブレイクですが

私の中ではまるで別物です。

ラインブレイクは上位足からの抵抗線(水平線)をちゃんと引けていないと

全く機能しません…

レンジブレイクでしたら15分足のみでも見つけられますし、

FX初心者でも割と勝てると思います。

まずは、レンジブレイクから挑戦して下さい!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

「広告」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました