【FXブログ】だまし…から逆方向へエントリー。

今日のトレード

 

 

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。

 

 

 

今日は雇用統計がありますので

あまり遅くまでトレードはしないようにしています。

ロンドン時間の序盤にポンドの指標がありました。

あまり大きく動きそうもない指標なので、少し狙ってみました。

 

 

 

 

日足、4時間足ともにまだ明確にトレンド転換していないので

上昇トレンド~レンジといった感じです。

1時間足ではラス押しを割って更に下落していますので、下降トレンドです。

15分足は東京時間からずっとレンジ(ほとんど動いていない)

上記の画像でレンジの上下にラインを引いています。

下落の少し前に上にレンジをブレイクしています…これがだましとなって

その後に指標で下落しました。

 

 

 

 

私はレンジを上抜けしたのを見ていて、上昇するとしても赤いMAまでと思っていました。

やはり上昇せずに戻って来ましたので、レンジ下限ラインをブレイクして飛び乗りました。

利確は1時間足の抵抗線まで。

 

 

 

 

レンジブレイクは久しぶりでしたが、ブレイク直後に下落すると気持ちの良いものです。

レンジブレイクはレンジ内で売りと買いが拮抗していて

どちらかにブレイクすると新規のエントリーと損切りが入って

一気に動き出すこともあります。

 

 

 

 

今回のレンジブレイクはたまにあるパターンで

1度逆にブレイクしてから本来行く方向へ走ります。

誰かが仕掛けているのかもしれません…

 

 

 

 

このようにレンジを見つけてレンジブレイクだけをトレードしても

そこそこ勝てると思います。

もう1つはラインブレイクですが、こちらは正確に抵抗線を引けるようになってから

試した方が良いと思います。まずは、レンジブレイクをマスターして下さい。

 

 

 

 

以前の記事です。

FXトレードでのブレイクアウトの基本「レンジブレイク」

【FXブログ】FXトレードでのブレイクアウトの基本「レンジブレイク」
いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。 今までFX初心者やまだ勝てていないトレーダーにはブレイクアウトをお勧めしていました。 チャート上で「塊」を見つけられる事が出来ればそこ...

(この記事ではだまし後のブレイクは書いていません。)

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

「広告」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました