【FXブログ】師匠はやっぱり凄い!and 今日のトレード

今日のトレード

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。

 

 

急に寒くなった日でしたね。

こんな日に限って外出しなければならなくなり、強風に吹かれて来ました…

 

 

 

 

凄い画像です!

「やはり師匠は凄かった」…見た目が凄かった訳ではありませんが…

 

 

 

 

私がトレードを教わった先生の事です。(すみません、こんな画像で)

トレード以外の事でここ数週間考える事があり、ネットで調べたり他のブログを見たりして

必死に解決策を探していました。

自分でも試行錯誤しながら考えていたのですが、どうしても解決出来なかったので

先生に教えて貰うしか解決方法はありません。

 

 

 

 

お忙しい方ですので、数日後にでもメール頂けたら良いかと思っていましたが

何と5分後には返信が来ました。

私が質問した事に完璧に回答して頂いてます!

「凄い!」

 

 

 

私が数週間掛かっても解決出来ない問題が、ものの数分で解決してしまう!

以前も記事にしていますが、「先駆者に教えを乞う」

【FXブログ】先駆者に教えを乞う...ということ。
いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。 今日は、東京時間に2回トレードしてしまって 暇になってしまいましたので、追加で生地を書かせて頂きます。 ...

やはりこの事はFXに限らず大切な事ではないでしょうか?

 

 

 

 

分からない時は聞くことは決して悪いことではありませんが

その前に自分で調べられるものは徹底的に調べてみて、どうしても分からない事は

聞いても良いと思います。

その場合、「自分はこう思うが先生はどう思いますか?」と聞くことが重要です。

ただ正解を聞くだけでは、聞かれた方は「何だ?」と思ってしまいます。

 

 

 

 

ここからは、今日のトレード報告です。

1月5日 EUR/AUD 15分足のチャートです。

普段あまりやらないチャートパターンでのトレードをやっています。

 

 

 

チャートパターンであるWトップになっています。

ネックラインも綺麗に引けていて、ネックラインを1度下抜けてからプルバックして

再度ネックラインを割ったところでのエントリーです。

 

 

 

 

4時間足では戻り売りの場面で1時間足では15分足同様Wトップになっています。

この場面は結構優位性が高い場所だと思いますが、100%勝てるという訳ではありません。

4時間足の戻り売りの場面ということは、結構な時間が掛かる場面で長い場合は明日以降になるかもしれません。

 

 

 

 

今回はWトップのネックラインから、押し安値までの間を取りに行きました。

押し安値はもう1つ上かもしれませんが、私は画像の位置で決済予定でした。

Wトップでエントリーする場合、ネックラインから押し安値まで。

Wボトムでエントリーする場合、ネックラインから戻り高値まで。

これを覚えておくと良いかもしれませんね。

ただし、ネックラインと押し安値、戻り高値までの距離が近い場合は

利益幅が狭くなってしまうのでエントリーは止めましょう。

20pips以上あればOKです。

 

 

 

 

今回のトレードは参考にされると良いと思いますが、

私のチキン利食いは参考にしないでください!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

「広告」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました