【FXブログ】勝ち、負け….もう1つ「引き分け」という発想

FXの学び

 

いつもFXブログに来て頂きましてありがとうございます。

 

 

 

 

今日は、あなたの思考に「引き分け」という発想を入れてトレードするということ

を提案する記事になります。

 

 

 

 

通常「エントリーしたら利益確定ラインと損切りラインを入れて放置しなさい、

決して動かしてはいけません。」と教えられているかと思います。

私は良く動かします。

L/Cは損が大きくなる方向には絶対に動かしませんが、損が小さくなる方向には動かします。

利確の場合はどちらにも動かします。

自分が設定した利確ラインに到達しないで下げそうだったり、

他の通貨ペアが自分に不利な方に動きが変わったりした時などは

普通に利確してしまいます。

 

 

 

 

この時に利確と損切りを動かさなかったら

もう少しで利確だったのに結局は損切りされてしまいます。

これは無しですよね?

もう1つは、エントリーしたもののほとんど動かずに

数時間揉んでしまっていて、数pipsの含み益や含み損を耐えている場合、

あまり揉んでいると思惑方向と逆に動いてしまう場合もあるので

ここは「微益撤退」が良いのではないでしょうか。

私の中ではこれを「引き分け」としています。

 

 

 

 

ちょうど今日(12月9日)にUSD/JPYで微益撤退をしましたので

下記画像を見て下さい。

 

 

 

 

USD/JPYの15分足のチャートです。

ロンドン序盤に切り下げラインを上抜けたのでlongエントリーしましたが

意外とEUR/USDが下がらずにUSD/JPYは揉んでしまいました。

2時間ちょっとです…

 

 

 

 

このような場合、自分でたてたシナリオが違っていたと

考えを切り替えてプラスになった時点で「逃げ」ました、+2pipsくらいです。

その後、今回のL/Cラインまで下がりましたので結果オーライと思っています。

 

 

 

 

「まずは負けない事」これが重要です!

 

 

 

 

逃げた後に思惑どおりに上昇しても気にすることはありません!

相場はずっとありますので次のチャンスで勝てば良いのです。

「逃げる」こと「引き分け」に持って行くことが負けないことであり

勝率を上げることですのでメンタル的にも楽になります!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

「広告」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました