how-to-learn

【FXブログ】1時間足鉄板ロジックを習得するには、検証しかない!

投稿日:2016年12月27日 更新日:

Pocket

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。

 

 

 

先日の1時間足超鉄板エントリーポイントは見て頂けましたか?

簡単なロジックですが、動いているチャートで実際にやってみると意外と難しいかもしれません…

「1時間足の押し目を5分足で拾う」言うと簡単ですぐに理解も出来てしまいます。

で、なぜ難しいかというと…

教わった事を分かった(理解した)だけなのです。

実際のチャートでトレードする為には「出来る」ことが非常に重要になります。

 

 

 

 

ではどうやったら「出来る」ようになるかというと…検証しかないのです。

検証って面倒くさいですよね?

私も最初の頃は本当に検証が嫌いでした、だってロジックを作った人が検証しているのだから

自分でもう1度検証するのがバカらしく思えていましたから。

 

 

 

 

その結果、毎回全然勝てない状況が続いてしまい

また他のロジックを試して…またダメで…もう本当に嫌になったのを今でも覚えています。

ある時、たぶんブログだったと思いますが今回のロジックを解説されている方がいらして

検証して下さいと書いてあったのがきっかけで、重い腰を上げて検証をし始めました。

 

 

 

 

本当に面倒臭かったので何か面白い方法はないかと考えたのが

「スーパー皮算用スペシャル」です。

(これは私が名付けました…)

 

 

 

 

大したことは無いのですが、過去検証している時に日付と獲得pipsを書き出して

今月は何pips取ったからいくらになったかを月の収支として記録しました。

その当時はまだ勝てていない状況でしたが、検証では月に40万以上の利益になってビックリしました。

1ヶ月収支がプラスになったので次の月はlotを上げて検証します。

どんどん金持ちになって行くので、何だか楽しくなって来ました。

(単純なの?)

過去検証した通貨ペア12通貨ペアで、検証期間は過去1年分です。(延べ12年分?)

 

 

 

 

その次にやったのが、デモトレードです。

デモトレードをしているといい加減な所でもエントリーしてしまうので

自分にプレッシャーを掛ける意味で3ヶ月連続でプラス収支にならないと

リアルトレードは出来ないというルールを決めました。

 

 

 

 

結果は…

驚くことに、1回でクリア出来ました。

たぶんスーパー皮算用スペシャルで検証していたので自分では気づかないうちに

「理解した」から「出来る」になっていたようです。

万年負けトレーダーから1つ上に上がった瞬間でした。

 

 

 

 

これは私の経験ですので全ての人にあてはまるものではありませんが

検証をすること自体は野球に例えると「素振り」ではないでしょうか?

素振りもせずに野球選手になれた人はいないと思います。

FXだけは素振りしないでも勝てると思っていませんか?

 

 

 

 

スーパー皮算用スペシャルやってみては如何でしょうか。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-how-to-learn

執筆者:


コメントを残す

関連記事

【FXブログ】効くチャートパターン、効かないチャートパターン

【BEGINNER`S 1st FX】 FX-LINE&MA  月に100pips 勝率68% FX初心者がラインとMAだけで短期間に利益を上げる事にフォーカスした FX-LINE&M …

【FXブログ】「トントン期」まで来たら、あとチョット!

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。       今日は、昨日の続きになりますが「トントン期」について書こうと思います。 FXトレードを始めて数ヶ月~数年 …

【FXブログ】エラーの不具合が解消されました。

いつもブログに来てくださりありがとうございます。     ここ数日のエラー表示が今日解決しました! 読者の方々には大変ご迷惑をお掛けしてすみませんでした。   &nbsp …

読者様からの質問「ディセンディングトライアングルって何?」

【BEGINNER`S 1st FX】 月に100pips 勝率68% FX初心者がラインとMAだけで短期間に利益を上げる事にフォーカスした FX-LINE&MAのエントリーロジックです。 ぜ …

【FXブログ】チームで動く通貨ペアで勝率アップ

  いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。       今日はエントリーする前に最後にする事のお話しをさせて頂きます。 これが「ニュースキル」&# …