【FXブログ】FX-LINE&MA

FX初心者がラインとMAだけを使用し短期間で勝てるようになるデイトレード手法。FXLM通信

how-to-entry

【FXブログ】FXトレードでのブレイクアウトの基本「レンジブレイク」

投稿日:2016年11月28日 更新日:


cat-1641959_1920

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。

 

 

 

 

今までFX初心者やまだ勝てていないトレーダーにはブレイクアウトをお勧めしていました。

チャート上で「塊」を見つけられる事が出来ればそこからのブレイクアウトを狙えます。

今回は、そのブレイクアウトの1つで「レンジブレイク」をお伝え致します。

 

 

 

 

レンジブレイクとはチャート上でレンジになっている部分を上下どちらかに抜けて

走り出すところをトレードするエントリーロジックの基本的な手法です。

ただブレイクアウトしたら飛び乗りエントリーをしていても

勝率はおそらく3割~4割程度でリスクリワード比にもよりますが、勝ち続けるのは

難しいかもしれません。

 

 

 

 

そこで下記に私の「レンジブレイク手法」のうちの数種類を掲載しました。

使えるようでしたら実際のチャートで検証して使ってみて下さい。

 

 

 

 

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%afa

これはFXの書籍などで紹介されている典型的なレンジブレイク手法です。

間違ってはいないのですが、この場合はブレイクしたラインが重要なラインで

且つ、重要な抵抗線などが重複している場合に可能かと思います。

他にもこのレンジが出来ている場所や上位足の環境認識が出来ている人向きです。

意外と難しいかもしれません。

 

 

 

 

 

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%afb

これもFXの書籍などで紹介されている方法です。

ブレイク後にラインまでプルバックしてからのエントリーとなります。

この手法は、今後皆さんが学ぶであろう「押し目買いと戻り売り」とも

似ているところがありますので、まずはレンジブレイク手法の基本としましょう!

このレンジブレイク手法はもっと細かく分類する必要があります。

 

 

 

 

ブレイク後にもっと上に上がってから押しが入る場合。

ブレイク後に一旦ラインより下まで押しが入る場合。

ブレイク後に次の足で押しが入る場合。

ブレイク後に時間が経ってから押しが入る場合。

等々…今後詳しく解説して行きます。

 

 

 

 

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%afc

このチャートはレンジ内で更に小さなレンジが上限のラインに出来ています。

レンジ内での買い勢力が徐々に強くなっていて今にもブレイクしそうに見えます。

私の場合はこのような形状になったらラインブレイクで飛び乗る事が多いです。

L/Cも狭く出来るので良いチャートです。

 

 

 

 

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%afd

こちらのチャートはレンジブレイク後に小さなレンジが出来るパターンです。

先程のレンジ上限で出来る小さなレンジのパターンと似ていますが、

こちらはレンジ上限のラインをブレイクしていますので

上昇する確率は高いと思います、この場合小さなレンジの下限でエントリー出来れば

L/Cも更に狭く出来るので有利なエントリーポイントです。

 

 

 

 

 

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%afe

こちらは、レンジ内で安値が切り上がっているチャートです。

良く見ると途中でレンジ上限ラインを上抜けています、その後下落して青のトレンドライン

で下げ止まったところで、既に高値切り上げ安値切り上げの上昇ダウが出来ています。

よって緑の丸印のところでのエントリーが可能になります。

少し上級者向けになりますが、ここは小さな押し目買いポイントです。

 

 

 

 

 

このように、一口にレンジブレイクと言っても掘り下げるといろいろな形があります。

1つのパターンしか知らないと怖い目に遭うことがありますので

自身で知識を習得し実際のトレードで使えるレベルまで学習して下さい。

 

 

 

 

今日は月曜日ですのが動くのでしょうか…

東京時間にUSD/JPYは134pipsくらい下げました。その後はレンジです。

因みにUSD/JPYの1週間の平均ボラティリティは138pips程度、

1ヶ月の平均ボラティリティは148pips程度となっていますので

すでに1週間、1ヶ月の平均ボラは東京時間にこなしている感じです。

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

-how-to-entry

執筆者:


コメントを残す

関連記事

【FXブログ】エントリーするのが怖い…

  いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。     今日はノートレードのようです。 私のルールに合致しているところがありません。 シナリオはUSD/JPYは …

【FXブログ】FX初心者へ贈る!1時間足超鉄板エントリーポイント

いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。         天皇誕生日の休日いかがお過ごしでしょうか? 暖かい日ですのでどこかに出かける方も多いでしょ …

【FXブログ】エントリーチャンスは2度あるかも…

  いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。       昨日も今日も比較的難しい値動きをしていますね… 分からないと思ったらスルーして …

【FXブログ】エントリーの瞬間、何を基準にするか【トリガー】

  いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。       皆さんは、エントリーする際のきっかけや基準のようなものは持っていますか? 例えば押し目買い …

【FXブログ】1度の負けで諦めない、プラ転を目指す!

  いつもFXブログに来てくださりありがとうございます。         昨日のブログで「引き分け」の発想の記事を書きましたが 今日は引き分けに持って …